産経ニュース

ダイハツ、対歩行者向け衝突回避システム開発

ニュース 経済

記事詳細

更新


ダイハツ、対歩行者向け衝突回避システム開発

 ダイハツ工業は30日、歩行者との事故を未然に防ぐ衝突回避支援システムを開発したと発表した。システムは、30日に一部改良して売り出した軽自動車「タント」にまず搭載した。

 開発したシステムは、フロントガラスの上部に設置した超小型のカメラなどから構成。カメラが歩行者を検知すると、その人と車との距離を測り、そのまま走れば衝突が避けられないとプログラムが判断するとまず警報で運転手にブレーキ動作を促す。それでも反応しない場合はプログラムが自動的にブレーキを踏み、歩行者との衝突を防いだり、被害を軽減したりする仕組み。時速4~30キロまでならぶつからず、同30~50キロまでなら急ブレーキで衝突時の被害を抑制する。

 同日、記者会見したダイハツの上田亨上級執行役員は「このシステムの展開でより多くの人に安心、安全を届けたい」と述べた。

関連ニュース

【経済インサイド】マツダがじわり存在感 GVC、ロータリー…経営危機を繰り返しながらも地道に独自技術を磨いた成果が玄人の心くすぐり

「ニュース」のランキング