産経ニュース

【クルマの未来 ホンダ 米国の挑戦(下)】高級車ブランド再生 「アキュラ」は30年目の正念場に立っている

ニュース 経済

記事詳細

更新

【クルマの未来 ホンダ 米国の挑戦(下)】
高級車ブランド再生 「アキュラ」は30年目の正念場に立っている

アキュラが展開する左からスポーティーセダン「TLX」、SUV「RDX」、3列シートSUV「MDX」=米カリフォルニア州(会田聡撮影) アキュラが展開する左からスポーティーセダン「TLX」、SUV「RDX」、3列シートSUV「MDX」=米カリフォルニア州(会田聡撮影)

ナカニシ自動車産業リサーチの中西孝樹は、「(開発費用など)経営資源の不足が原因だ。1990年代に曲がり角を迎えたホンダブランドの再生を優先し、2000年代の高級車競争に出遅れた」と指摘する。

     

 ホンダ社長の八郷隆弘は「アキュラは米国や中国でスポーツ用多目的車(SUV)のラインアップを充実し、競争力を高める」と話す。6月に販売を始めたSUV「MDX」の2017年モデルは最新の安全運転支援システムを標準装備し、デザインも刷新。10月のアキュラ全体の販売は落ち込んだが、SUVは新型MDXが大幅に伸びて同月として過去最高になった。

 イケダは「高級車は(性能より)感情的な部分で判断される。愛されるブランドにしたい」と述べ、失われつつある輝きの再生に向け前を向いた。(敬称略)

     

 この連載は会田聡が担当しました。

このニュースの写真

  • 高級車ブランド再生 「アキュラ」は30年目の正念場に立っている

関連ニュース

【クルマの未来 ホンダ 米国の挑戦】(上)世界6極体制 揺らぐ理念

「ニュース」のランキング