産経ニュース

【クルマの未来 ホンダ 米国の挑戦(下)】高級車ブランド再生 「アキュラ」は30年目の正念場に立っている

ニュース 経済

記事詳細

更新

【クルマの未来 ホンダ 米国の挑戦(下)】
高級車ブランド再生 「アキュラ」は30年目の正念場に立っている

アキュラが展開する左からスポーティーセダン「TLX」、SUV「RDX」、3列シートSUV「MDX」=米カリフォルニア州(会田聡撮影) アキュラが展開する左からスポーティーセダン「TLX」、SUV「RDX」、3列シートSUV「MDX」=米カリフォルニア州(会田聡撮影)

 11月16日、米ロサンゼルスで開かれた自動車展示会「ロサンゼルス自動車ショー」。ホンダの海外向け高級車ブランド「アキュラ」の発表会で、米国法人の副社長ジョン・イケダは報道陣にこう宣言した。

 「アキュラは30周年を迎えた。若々しい精神と野心に再び火をつけ、力強く挑戦的なブランドに刷新する」

     

 ホンダは1986年に、米国の販売網強化や高級車「レジェンド」の投入を契機にアキュラを設立。いずれも89年に立ち上がった高級車ブランドであるトヨタ自動車の「レクサス」や、日産自動車の「インフィニティ」の先駆けになった。

 レジェンドに加え、高級スポーツ車「NSX」や小型車「インテグラ」を展開し、2005年の米国販売は20万9610台の過去最高を記録。高級車の主戦場である米国市場で大きな存在感を発揮した。

 調査会社マークラインズによると、15年の米国販売は前年比5・6%増の17万7165台と伸びた。だが、ライバルのレクサス(34万4601台)には2倍の差をつけられ、背後にはインフィニティも迫る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 高級車ブランド再生 「アキュラ」は30年目の正念場に立っている

関連ニュース

【クルマの未来 ホンダ 米国の挑戦】(上)世界6極体制 揺らぐ理念

「ニュース」のランキング