産経ニュース

【暮らしの注意報】なぜ韓国にならうのか 「中国産」→「米国製造」産地隠し可能に 産地表示の義務化に疑問噴出

ニュース 経済

記事詳細

更新

【暮らしの注意報】
なぜ韓国にならうのか 「中国産」→「米国製造」産地隠し可能に 産地表示の義務化に疑問噴出

「原産地隠し」で加工場変更も

 米国はもちろん、EUでも制度化されていないだけに、取りまとめが示す原産地表示の義務付けは「国内」で作られる加工食品に限定している。つまり、海外で作られる加工品に原産地表示の義務はない。

 こうしたことから、表示の煩雑さを避けるため、国内の事業者が海外へと拠点を移す可能性が指摘されている。例えば、ソーセージの原料で重量1位が中国から輸入した豚肉のとき、国内の加工品には「原材料名=豚肉(中国)」と表示しなければならないが、海外で加工した輸入品ならば「原材料名=豚肉」でいいわけだ=図参照

 また、国内加工の食品でも原料が中間加工品の場合は、「◯◯製造」と製造地表示でよいことになっており、原産地を表示する必要がない。例えば、中国産の豚肉を使い、米国で加工したソーセージを原料に国内でレトルト食品をつくった場合、ソーセージが重量1位なら「原材料名=ソーセージ(米国製造)」との表示になる。大手商社の食品担当者は「消費者が知りたいのは、原材料に中国産を使っていないかどうか。今後は、中国産の農産物を使って、米国やドイツで加工するなどの“原産地隠し”が行われるようになるのでは」と推測する。

 これまで国産農産物を原材料に使っていた加工場が海外に進出することになれば、国産農産物の振興どころか衰退につながりかねない。

続きを読む

このニュースの写真

  • なぜ韓国にならうのか 「中国産」→「米国製造」産地隠し可能に 産地表示の義務化に疑問噴出

関連ニュース

【食の安全を問う】「輸入または国産」=「全世界産」じゃないの? 加工食品の原産国表示義務化で「中国産への不信感」払拭できるか

「ニュース」のランキング