産経ニュース

今年の新規上場は87社、7年ぶり減少 JPXが見通し

ニュース 経済

記事詳細

更新


今年の新規上場は87社、7年ぶり減少 JPXが見通し

会見する日本取引所グループ(JPX)の清田瞭最高経営責任者(CEO)=30日午後、大阪市中央区(大島直之撮影) 会見する日本取引所グループ(JPX)の清田瞭最高経営責任者(CEO)=30日午後、大阪市中央区(大島直之撮影)

 日本取引所グループ(JPX)は30日、2016年の国内株式市場への新規上場企業数が87社になるとの見通しを発表した。15年の98社よりも11社少なく、7年ぶりの減少となる。株式市況が低迷し、企業が上場を見送ったためと分析している。

 東京証券取引所(機関投資家などプロ向け市場を含む)への上場が85社で、そのうち新興市場のマザーズとジャスダックが計69社。名古屋証券取引所へも2社が上場した。

 東京以外に本社を置く企業は31社で、その中では北陸や関西の企業が目立った。大型案件としては7月にLINE、10月にJR九州があった。

 JPXの清田瞭最高経営責任者(CEO)は記者会見で「英国の欧州連合(EU)離脱問題などを受け市場が波乱含みで、上場を遅らせた企業もあったようだ。ただ上場意欲は引き続き強い」と話した。

関連ニュース

東証1部上場企業の28年9月中間決算、4年ぶり営業減益へ 円高が収益圧迫

「ニュース」のランキング