産経ニュース

三菱重工、MRJ推進で社内委員会を設置 社長直轄組織

ニュース 経済

記事詳細

更新


三菱重工、MRJ推進で社内委員会を設置 社長直轄組織

愛知県営名古屋空港を離陸するMRJの試験3号機=22日午前 愛知県営名古屋空港を離陸するMRJの試験3号機=22日午前

 三菱重工業は30日、国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の開発を支援するため、宮永俊一社長直轄の「MRJ事業推進委員会」を28日付で設置したと発表した。

 MRJ事業は子会社の三菱航空機が手掛けているが、これまで計画の延期が相次ぎ、開発コストが膨らんでいる。三菱重工がより深く関わることで、開発上の課題への対応や量産体制の整備など重要テーマでの意思決定を迅速にする。

 宮永社長を委員長として財務部門と技術部門の役員ら6人で構成。グループ戦略推進室副室長の篠原裕一執行役員が事務局長を務める。

関連ニュース

造船不況が直撃! 三菱重工、「祖業」立て直しできるか

「ニュース」のランキング