産経ニュース

10月の鉱工業生産は0.1%上昇 3カ月連続、基調判断は据え置き

ニュース 経済

記事詳細

更新


10月の鉱工業生産は0.1%上昇 3カ月連続、基調判断は据え置き

 経済産業省が30日発表した10月の鉱工業生産指数速報(2010年=100、季節調整済み)は98・5となり、前月と比べ0・1%上昇した。上昇は3カ月連続。

 基調判断は「総じてみれば、生産は緩やかな持ち直しの動きがみられる」とし、据え置いた。

 経産省は「中国企業向けのスマートフォン、大型テレビ用の液晶や半導体、金属製品の生産が指数を押し上げている」と分析している。

 10月は15業種のうち、電子部品・デバイス工業や金属製品工業、輸送機械工業など6業種が前月よりも上昇した。液晶や半導体に加え、橋や鉄骨、普通自動車、プラスチック製容器の生産が好調だった。

 一方、低下した9業種は、工場や港湾施設で使われるクレーンなど汎用・生産用・業務用機械工業などで、タービン発電機やリチウムイオン蓄電池などの電気機械工業や情報通信機械工業、化学工業も低下した。

 生産の先行きは、11月が4・5%の上昇、12月は0・6%の低下を予想している。

関連ニュース

「ニュース」のランキング