産経ニュース

【就活リサーチ】面接者は学生の素顔見るため“変化球質問”を投げる 「あなたの必殺技は?」「人に言えない秘密はある?」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【就活リサーチ】
面接者は学生の素顔見るため“変化球質問”を投げる 「あなたの必殺技は?」「人に言えない秘密はある?」

 さて、学生が本当の意味で困るのは、第1志望の企業以外からの志望度の確認ではないでしょうか。内定後の辞退は大きな痛手なので、企業はあの手この手で志望度を確認せざるを得ないのです。

 「他に受けている企業を教えてください」(サービス業)は、もはや定番の質問といえるほどです。しかし、「当社が第1志望なら、前期の売上高が言えますか」(メーカー)などは、質問というより詰問と映る学生もいるでしょう。「来年の4月1日、どこで何をしていますか」(金融)といった聞き方もありました。第1志望なら「御社の入社式に出ていたいです!」と答えられますが、そうでないなら言葉に詰まることでしょう。

 企業はなぜ、こうした変化球質問をするのでしょうか。周到に用意された回答よりも、素の学生を見たいからに他なりません。面接を受ける側は、答えた内容に一喜一憂しがちですが、困らせるための質問、反応を見るための質問は、態度や口調のほうが重要です。「何を答えたか」より「どう答えたか」です。

 答えをあらかじめ用意する必要はもちろんありませんが、その時になって慌てないように、心の準備だけはしておきたいですね。(キャリタスリサーチ 武井房子)

                   ◇

 就職活動に関する疑問や体験をお寄せください。読者の参考になるものは、就活リサーチで紹介させていただきます。〈メール〉life@sankei.co.jp〈FAX〉03・3270・2424

関連ニュース

【就活】経団連が就活アンケート、前年より良いは7割だが、一昨年よりは8割が悪い

「ニュース」のランキング