産経ニュース

【中国経済ウオッチ】「個人データが知らぬ間に…」「サイバー攻撃の入り口」…汎用モデルの王者、中国家電IT製品は大丈夫か

ニュース 経済

記事詳細

更新

【中国経済ウオッチ】
「個人データが知らぬ間に…」「サイバー攻撃の入り口」…汎用モデルの王者、中国家電IT製品は大丈夫か

中国四川省内にあるスマートフォンの組み立て工場。世界市場で中国メーカーは、格安モデルで高い競争力を握る(AP)=写真のメーカーと本文中のメーカーとは関係ありません 中国四川省内にあるスマートフォンの組み立て工場。世界市場で中国メーカーは、格安モデルで高い競争力を握る(AP)=写真のメーカーと本文中のメーカーとは関係ありません

中国企業の死角

 中国の家電メーカーやIT企業は、かつて海外企業の「下請け」だった。しかし2000年代中盤・後半に力をつけ、完成品で世界市場に打って出ている。安価な労働コストと自国の巨大市場を販売先にできる利点を背景に、汎用モデルで高い競争力を握るに至っている。

 ただ、10月以降に続いた中国企業のつまずきは、製品管理や顧客対応に弱点を抱えていることを浮き彫りにした。

 クリプトワイヤなどによると、アドアップスのソフトが搭載されたスマートフォンなどのデバイスの全出荷台数は、7億台に上る。同社は中国国内に加え、東京とニューデリー、米マイアミにも拠点を持つ。

 問題は個人情報を扱うアドアップスの姿勢だ。ニューヨーク・タイムズ(電子版=11月15日)によると、通常の情報管理水準であれば、個人情報に関係するファームウエアの変更は、必ずユーザーに規約変更などの形で通知されるものだ。しかし今回、アドアップスは、そうした通知をしておらず、専門家に問題視されている。

 中国メーカーには「前歴」がある。シャオミ(小米科技)が自社製スマートフォンのユーザーの個人情報を、勝手に中国国内のサーバーに送信していたことが14年夏に発覚。謝罪に追い込まれていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「個人データが知らぬ間に…」「サイバー攻撃の入り口」…汎用モデルの王者、中国家電IT製品は大丈夫か
  • 「個人データが知らぬ間に…」「サイバー攻撃の入り口」…汎用モデルの王者、中国家電IT製品は大丈夫か

関連ニュース

要人の情報収集目的か 米ヤフーの大規模流出

「ニュース」のランキング