産経ニュース

地下鉄内で無線LANサービス 東京メトロが12月から銀座線で導入

ニュース 経済

記事詳細

更新


地下鉄内で無線LANサービス 東京メトロが12月から銀座線で導入

 東京メトロは29日、銀座線の一部車両内で12月1日から、無料で公衆無線LANサービスに接続できるサービスを開始すると発表した。年度内に5本、東京五輪・パラリンピック開催の2020年度までに全車両に対応する。銀座線は沿線に観光名所が多く、通信インフラを整備して訪日外国人客の利便性向上を図る。

 サービスが導入されるのは黄色の1000系車両。無線LAN接続アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」をスマートフォンなどにダウンロードして登録すれば利用できる。NTTドコモの無線LANサービス(有料)や別の訪日客向けアプリにも対応する。

 主な民鉄各社も無線LANサービスを提供しているが、利用者が訪日客に限定されていたり有料になっていたりして、普通電車で誰もが無料で使えるのは異例。

関連ニュース

東京メトロ8代目の“顔”に石原さとみさん 昨夏結婚した“長期政権”の堀北真希さんから交代

「ニュース」のランキング