産経ニュース

住友化学が伊藤忠と飼料分野で提携へ まず「メチオニン」販売を柱に

ニュース 経済

記事詳細

更新


住友化学が伊藤忠と飼料分野で提携へ まず「メチオニン」販売を柱に

 住友化学は29日、伊藤忠商事と飼料分野で提携することを明らかにした。同日の事業説明会で十倉雅和社長が明らかにした。詳細は近く発表するが、住化の飼料添加物「メチオニン」を伊藤忠が大量購入するほか、原料調達などを手がける共同出資会社の設立を検討している。世界的な人口増加や新興国の経済成長で食糧問題が深刻化し、鶏肉の需要が増えているなか、それぞれの強みを生かし事業拡大を図る。

 住化は2018年半ばをメドに、愛媛工場(新居浜市)におけるメチオニンの生産能力を、現状の年15万トンから25万トンに増やす計画。提携により、伊藤忠は増強分である10万トンの一部を大量購入し、代金を前払いする。また、共同出資会社を設立し、原料調達などを共同で手がける。

 一方、伊藤忠はタイ最大級の財閥、チャロン・ポカパン(CP)グループ傘下で、飼料などを販売するCPフーズに出資している。住化から購入したメチオニンは、同社などに販売するとみられる。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング