産経ニュース

日立の米国財団が活動終了へ 経済トラブル減り役割終える

ニュース 経済

記事詳細

更新


日立の米国財団が活動終了へ 経済トラブル減り役割終える

 日立製作所が米国に設けた財団「日立ファウンデーション」は28日、年内で活動を終了すると発表した。日米の貿易摩擦が激化していた1985年に社会貢献のために設立され、低所得層の就労支援などを手掛けてきたが、日米間の経済トラブルが減ったことなどから役割を終えたと判断したと説明している。

 財団の資金1100万ドル(約12億円)は、財団と同様の事業を行う3団体に継承されるという。(共同)

関連ニュース

日立が「レンズなし」のカメラ開発 フイルムでレンズ代用、薄く軽く低価格に

「ニュース」のランキング