産経ニュース

コメ生産目標は8万トン減 2017年産も例年通りに

ニュース 経済

記事詳細

更新


コメ生産目標は8万トン減 2017年産も例年通りに

 農林水産省は28日、2017年産の主食用米の生産数量目標を全国で前年比8万トン減の735万トンにする方針を決めた。人口減少や少子高齢化に伴い年間需要量が毎年約8万トン減少している傾向を踏まえ、生産目標も同程度減らした。供給量を減らすことで、米価を安定させるのが狙い。

 目標をより厳しくした「自主的取組参考値」は前年比2万トン減の733万トンとした。農水省は、達成すれば需給がより安定するとみている。

 国による生産調整(減反)は18年産から廃止されることが決まっており、現行制度での生産目標の設定は今回が最後となる。生産調整は飼料用米や麦、大豆への転作により全国の作付面積ベースで15年産から2年連続で目標を達成しており、農水省は17年産でも過剰作付け解消を定着させたい考えだ。

関連ニュース

ドローンでコメ栽培・保安林維持の実証実験 ドコモなど4社が新潟市と

「ニュース」のランキング