産経ニュース

旅行プランや訪問先をAIで提示するアプリ 富士通系が12月から無償配信

ニュース 経済

記事詳細

更新


旅行プランや訪問先をAIで提示するアプリ 富士通系が12月から無償配信

 富士通グループのディープステクノロジーズ(東京都港区)は28日、人工知能(AI)技術を利用して、最適な訪問スポットや旅行プランなどを提示してくれるお出かけアプリ「ディープス」を開発、12月中旬以降にスマートフォン向けに無償提供すると発表した。

 ディープスは、アプリに蓄積された利用者の趣味や嗜好と類似した各種情報を取捨選択して学習機能によりより深化できる機能を備えている。キーワード検索では収集できない希少な情報や利用者の潜在的な興味に関する情報を見つけ出し、本人だけでは思いつかない旅行プランなどを提示してくれる。

 ディープステクノロジーズは富士通出身の宮本章弘社長が65%、富士通システムズアプリケーション&サポートが35%出資して今年7月に設立したAIベンチャー企業。宮本社長は会見で「金融や旅行のアプリは導入数が増えている。(深層学習機能は今後だが)まずは他にないサービスを知ってもらいたい」と述べ、早期の市場投入を決断。当初は米アップルのスマホ「iPhone」用だけだが、2017年中旬にはアンドロイド搭載スマホ用も追加すする。

 今後、順次機能強化や有料コンテンツを提供し、3年間で利用者100万人を目指す。

関連ニュース

富士通が法人向けスマホ 通話が途切れないよう設定可能 通信網は3社から選択

「ニュース」のランキング