産経ニュース

日本生命と三井生命、商品を相互供給 まず日生が三井に1月

ニュース 経済

記事詳細

更新


日本生命と三井生命、商品を相互供給 まず日生が三井に1月

 日本生命保険と傘下の三井生命保険は28日、保険商品の相互供給の取り組みを始めると発表した。第一弾として、日本生命が開発した経営者向けの保険を来年1月5日から、三井生命で販売する。将来的に三井生命から日本生命への商品供給も検討する。

 日本生命から供給するのは、経営者が死亡に備えたり、引退時に保険を解約した場合に返戻金を退職金代わりに使える商品。保険料が会計処理上は損金として扱われるため、節税目的で加入する中小企業経営者が多いという。

 三井生命が抱える約7千人の営業職員チャンネルを使って、中小企業の経営者に売り込む。日本生命にとっては販路拡大に、三井にとっては品ぞろえの拡充につながるメリットがある。三井ではこれを機に、経営者向け保険の販売件数を1年間で3割伸ばす計画だ。

関連ニュース

「トランプ相場」にも慎重 生命保険10社、4~9月減収

「ニュース」のランキング