産経ニュース

日銀、4年ぶりに中間期が赤字 円高で外貨資産が目減り

ニュース 経済

記事詳細

更新


日銀、4年ぶりに中間期が赤字 円高で外貨資産が目減り

 日銀の2016年9月中間決算で、一般企業の純損益に当たる当期剰余金が赤字になったことが28日、分かった。円高の進行で、保有する外貨建て資産の円換算額が目減りし、損失が出た。中間期の赤字は12年9月以来、4年ぶりとなる。

 日銀は近く中間決算を公表する。9月末時点の円相場は1ドル=101円程度と、3月末に比べて約10円も円高が進行した。このため外貨建て資産には数千億円規模の差損が生じたもようだ。

 日銀の大規模な金融緩和に伴う円安進行で、15年3月期までは差益を出していたが、16年3月期の後半には円高となり差損を計上していた。

 中間決算時点では円高の影響が大きかったものの、現在は1ドル=111円台の円安になっている。円相場がこの水準で推移すれば、17年3月期決算で赤字を解消できる可能性がある。

関連ニュース

【トランプ米次期大統領】「トランプ相場」日銀の2%物価目標に追い風なるか

「ニュース」のランキング