産経ニュース

伊勢神宮がモチーフ 現代の住空間に溶け込むミニマム&モダンな神棚

ニュース 経済

記事詳細

更新


伊勢神宮がモチーフ 現代の住空間に溶け込むミニマム&モダンな神棚

無垢のヒノキの質感を活かした「かみだな『むく』」 無垢のヒノキの質感を活かした「かみだな『むく』」

 昔ながらの大きな神棚はマンションなど現代の住空間には浮いてしまう。そこで人気を集めているのが福島県いわき市の木工職人集団「もこのこ」が作った「かみだな」。縦28センチ×横12センチと小さな形状だが、本格的な神棚に負けない要素を兼ね備えたおしゃれな神棚だ。<産経netshop>

 立体模型化した伊勢神宮に御札を祀るという従来の神棚の思想は変えず、伊勢神宮をモチーフ化し、最新のレーザー加工機ヒノキに彫り付けた。その社殿の中央には小さな穴(小窓)が開いている。これは、「札宮の扉は少し開けて、ご利益が少しづつ出るようにするんですよ」という宮司さんの言葉をヒントを参考にデザインされた。扉の開閉については地域によって違いはあるが、「365日少しづつご利益がありますように」という願いが込められている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 伊勢神宮がモチーフ 現代の住空間に溶け込むミニマム&モダンな神棚
  • 伊勢神宮がモチーフ 現代の住空間に溶け込むミニマム&モダンな神棚
  • 伊勢神宮がモチーフ 現代の住空間に溶け込むミニマム&モダンな神棚
  • 伊勢神宮がモチーフ 現代の住空間に溶け込むミニマム&モダンな神棚

関連ニュース

SEIKO×LOWECASEのコラボ第二弾が登場 各モデル3000本限定

「ニュース」のランキング