産経ニュース

日銀、金利上昇で初の「指し値オペ」通告 固定利回りで国債を無制限買い入れ

ニュース 経済

記事詳細

更新


日銀、金利上昇で初の「指し値オペ」通告 固定利回りで国債を無制限買い入れ

 日銀は17日午前、金融機関に対し、あらかじめ決められた価格(固定利回り)で国債を無制限に買い入れる指し値オペ(公開市場操作)を通告した。9月の金融政策決定会合で長短金利操作の導入を決めて以降、初めての通告。

 米大統領選でドナルド・トランプ氏が勝利し、米国債の利回りが急騰している。これにつられる形で日本国債利回りが上昇していることに対応し、金融緩和効果の維持を図った。

 対象は2年債と5年債の各3銘柄。買い入れの利回りはマイナス0・09%、マイナス0・04%。債券市場では指し値オペの通告後、それぞれの利回りが低下した。

関連ニュース

「佐渡発 辛口産経」第二弾の「号外」 さらに辛い純米原酒を限定発売

「ニュース」のランキング