産経ニュース

安倍晋三首相が4年連続の賃上げ要請、ベア継続も 「少なくとも今年並みの水準期待」 働き方改革実現会議

ニュース 経済

記事詳細

更新


安倍晋三首相が4年連続の賃上げ要請、ベア継続も 「少なくとも今年並みの水準期待」 働き方改革実現会議

働き方改革実現会議であいさつする安倍首相=16日午後、首相官邸 働き方改革実現会議であいさつする安倍首相=16日午後、首相官邸

 政府は16日、関係閣僚と有識者による「働き方改革実現会議」の会合を首相官邸で開いた。議長の安倍晋三首相は、平成29年春闘に向け経済界へ賃上げを求めた。政府が賃上げの旗振り役を務める「官製春闘」は4年連続。経済の好循環を生み出すためには賃上げの継続が不可欠だと判断した。賃上げによる個人消費の拡大で日本経済を下支えしたいとの狙いがある。

 首相は「少なくとも今年並みの水準の賃上げを期待する」と強調。従業員の基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)についても「4年連続の実施をお願いしたい」と述べた。さらに、「来春には消費者物価の上昇が期待される」として、賃上げにあたっては期待物価上昇率を勘案するよう要請。中小企業の賃上げ環境整備に向けては「下請けなど中小企業の取引状況の改善にしっかり取り組んでほしい」と語った。

 経団連の榊原定征会長は「産業界も賃金引き上げのモメンタム(勢い)を継続していきたい。首相のご意向を踏まえて、来年の春季労使交渉に向けての経営側の基本スタンスを決定していきたい」と応じた。

 会合では人材育成や転職・再就職支援の強化などについても議論。首相は結婚や出産などを理由に退職した女性の再就職を支援する「リカレント教育」を推進するため「より多くの方が学び直しができるよう助成制度の拡充を検討したい」と表明した。中途採用で中高年を受け入れた企業への支援強化なども掲げた。

「ニュース」のランキング