産経ニュース

【激震・朴政権】韓国初の現職大統領捜査へ、16日にも事情聴取 与野党は特別検察官任命で合意

ニュース 経済

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
韓国初の現職大統領捜査へ、16日にも事情聴取 与野党は特別検察官任命で合意

韓国の朴槿恵大統領(左、聨合=共同)、崔順実氏(右、韓国誌「時事IN」提供・共同) 韓国の朴槿恵大統領(左、聨合=共同)、崔順実氏(右、韓国誌「時事IN」提供・共同)

 朴氏は昨年7月、大統領府で財閥トップらと面会。崔容疑者が実質支配する2つの財団への出資が要求されたとされ、最終的に53社から計774億ウォン(約70億円)が集まった。朴氏からの出資“圧力”があったのかに加え、崔容疑者への機密文書の流出にどれだけ関与したのかが焦点となる。

 財団への出資をめぐり、検察は14日までに、現代自動車グループの鄭夢九(チョン・モング)会長やサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長ら財閥首脳を相次ぎ事情聴取。前大統領府秘書官のアン・ボングン、李載晩(イ・ジェマン)両氏からも聴取した。

 共に民主党の秋美愛(ユ・ミエ)代表は14日、朴氏との会談を提案し、15日の会談が設定されたが、党内外からの強い反発を受けて撤回。混乱の収拾は見通せない状況だ。

関連ニュース

【激震・朴政権】ソウル集会126万人超か 警察推計は実態からかけ離れた約26万人、朴政権に配慮との見方も

「ニュース」のランキング