産経ニュース

【激震・朴政権】崔順実容疑者は朴槿恵氏のアンチエイジングにも関与? 大企業に捜査拡大、首相人事は頓挫状態

ニュース 経済

記事詳細

更新

【激震・朴政権】
崔順実容疑者は朴槿恵氏のアンチエイジングにも関与? 大企業に捜査拡大、首相人事は頓挫状態

取り調べのため、ソウル中央地検に入る崔順実容疑者=4日朝(聯合=共同) 取り調べのため、ソウル中央地検に入る崔順実容疑者=4日朝(聯合=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人で女性実業家、崔順実(チェ・スンシル)容疑者の国政介入疑惑を捜査している検察は10日、崔容疑者が実質支配した2つの財団に出資した大企業の幹部を相次ぎ事情聴取するなど捜査を拡大させている。

 聴取されたのは、航空会社を傘下に持つ錦湖(クムホ)アシアナグループの社長や製鉄最大手のポスコの副社長ら。朴氏は昨年7月、財閥トップらを大統領府に招き、設立される財団への出資を要請。最終的に計774億ウォン(約71億円)が集まった。ただ、聴取を受けた幹部の一部は「善意で資金を提供したもので、強制性はなかった」と強要されたとの疑惑を否定したという。

 韓国のJTBCテレビは9日、崔容疑者が朴氏への投与に使う目的でアンチエイジング(老化予防)の注射薬を処方され、受け取っていたとの医療関係者の証言を報じた。実際に朴氏に注射していれば、大統領の健康管理に影響を与えたとして、医療法に抵触する恐れがあるという。

 朴氏の退陣を求める市民団体は12日、ソウル市内で大規模な抗議集会を予定している。主催者は50万人、警察も16~17万人の参加を想定しており、過去最大規模となる可能性がある。

 朴氏は8日、国会議長に対し、自身が示した新首相人事を事実上撤回し、与野党合意による首相候補の推薦を求めたが、野党3党側は「一顧の価値もない」と拒絶。逆に12日の集会への参加を決め、朴政権との対決姿勢を鮮明にしている。

関連ニュース

【激震・朴政権】「わずかな縁も断つ」完全孤立宣言 大統領謝罪 空疎な9分間 元ソウル支局長加藤達也

「ニュース」のランキング