産経ニュース

リニア中央新幹線 南アルプストンネルの土砂搬出を公開「着手で身引き締まる思い」

ニュース 経済

記事詳細

更新


リニア中央新幹線 南アルプストンネルの土砂搬出を公開「着手で身引き締まる思い」

掘削が始まった、リニア中央新幹線南アルプストンネルの非常口として使う斜坑=28日午後、山梨県早川町 掘削が始まった、リニア中央新幹線南アルプストンネルの非常口として使う斜坑=28日午後、山梨県早川町

 JR東海は28日、リニア中央新幹線「南アルプストンネル」(全長約25キロメートル)の山梨工区(約7・7キロメートル)で起点となる山梨県早川町で、掘削した土砂の搬出作業を公開した。掘削工事は前日の27日に始まっており、平成39年の品川-名古屋間の先行開業に向け、工事は新たな段階に入った。

 同社によると、トンネルは山梨、静岡、長野の南アルプスを貫き、地表面から最大1400メートル地点で掘削が行われる。複雑な地層への対応、大量の地下水発生など、難工事が予想されている。

 山梨工区は、本線で初のトンネル掘削。完成予定は37年10月末。昨年12月に着工され、今年4月に掘削を開始する予定だったが、機材設置などに時間がかかり、約半年遅れた。

 トンネルは早川、広河原の2カ所の非常口から、斜坑を3~4キロメートル掘り進める。早川口では1日200人が作業にあたる。同社によると、来年度以降にリニアが実際に走る本抗(本線)を掘る地点に到達の予定。その後、本抗の掘削に移る。

 28日は現地で工事を報道陣に公開。トンネルの内部から土砂がコンベヤーを伝ってトンネル入り口付近に排出された。土砂はダンプカーに積み込まれ、南側に約3キロ離れた塩島地区に設けた発生土の置き場に運ばれた。

続きを読む

このニュースの写真

  • リニア中央新幹線 南アルプストンネルの土砂搬出を公開「着手で身引き締まる思い」

「ニュース」のランキング