産経ニュース

GDP統計向上、日銀と連携強化を 諮問会議で民間議員提言へ

ニュース 経済

記事詳細

更新


GDP統計向上、日銀と連携強化を 諮問会議で民間議員提言へ

 政府が21日開く経済財政諮問会議で、民間議員が国内総生産(GDP)統計の精度向上に向け、日銀との連携強化を進めるよう提言することが19日、分かった。政府統計に関しては景気実態を正確に反映していないとの批判があり、ビッグデータの活用など、統計手法の改善を求める声が相次いでいる。諮問会議は民間議員の提言などを踏まえて議論を進め、12月にも基本方針をまとめる方向だ。

 21日の会合は、8月の就任後、統計の整理・統合に向け検討を進めている山本幸三行政改革担当相が初めて出席し、意見を述べる。

 GDPについては、日銀が7月、税務情報などに基づく独自試算を発表。内閣府による公表値との乖離が話題になった。民間議員は算定手法の検討に関し、政府と日銀の連携の必要性を強調。統計の基本計画策定などを担う政府の統計委員会について、人員増強などを通じた司令塔としての機能強化を求める。

関連ニュース

【日本の未来を考える】消費増税で内閣府「失速」、日銀「成長」と食い違うわけ GDP統計に3つの顔 学習院大教授・伊藤元重

「ニュース」のランキング