産経ニュース

【経済インサイド】コンビニ再編が最終章! ローソンとミニストップは経営統合に踏み切るか 親会社・三菱商事とイオンは「デート始めた」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
コンビニ再編が最終章! ローソンとミニストップは経営統合に踏み切るか 親会社・三菱商事とイオンは「デート始めた」

 それでも、サークルKサンクスと経営統合したファミリーマートに店舗数で抜かれ、3位に後退したローソンの危機感は強い。とりわけローソンの親会社である三菱商事は、「流通業界は一段の成長余地がある」(首脳)とし、コンビニ事業で攻勢をかける構えだ。

 今年6月には三菱商事出身の竹増氏がローソンの社長に就任。さらにローソンへの出資比率を約33%から50%超に引き上げ、子会社にすることを決めた。資源開発投資で損失を計上し28年3月期は巨額の最終赤字に転落したが、コンビニ事業への関与を強め収益力を高める。

                 ◇

 「規模が生きる部分はあるので、コンビニ店舗数の拡大をあきらめたわけではない」。三菱商事の幹部はこう話す。規模を拡大するため、業界内では三菱商事が「さらなる再編を仕掛けるのでは」(大手コンビニ幹部)とささやかれる。

 とくに注目されているのが、ミニストップを傘下に持ち、ローソンと同じく三菱商事が筆頭株主のイオンの動向だ。

 三菱商事の幹部は表向き「ミニストップで具体的な動きはない」と語るが、その言葉をそのまま受け取る向きは少ない。

続きを読む

このニュースの写真

  • コンビニ再編が最終章! ローソンとミニストップは経営統合に踏み切るか 親会社・三菱商事とイオンは「デート始めた」
  • コンビニ再編が最終章! ローソンとミニストップは経営統合に踏み切るか 親会社・三菱商事とイオンは「デート始めた」
  • コンビニ再編が最終章! ローソンとミニストップは経営統合に踏み切るか 親会社・三菱商事とイオンは「デート始めた」

関連ニュース

【経済インサイド】お家騒動の大戸屋HD「お骨事件」とは…創業者未亡人と社長が社内で対峙 テレビドラマもびっくりの修羅場だった 

「ニュース」のランキング