産経ニュース

ゴーン日産社長が三菱自会長を兼務へ 月内の出資後に、燃費不正問題からの再建を指揮

ニュース 経済

記事詳細

更新


ゴーン日産社長が三菱自会長を兼務へ 月内の出資後に、燃費不正問題からの再建を指揮

日産自動車のカルロス・ゴーン社長(ロイター) 日産自動車のカルロス・ゴーン社長(ロイター)

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長(62)が三菱自動車の会長を兼務する方向で調整していることが19日、分かった。三菱自の益子修会長兼社長(67)については、日産側が社長留任を要請している。三菱自が12月にも開く株主総会後の取締役会で決定する。日産は月内に三菱自に34%を出資し、筆頭株主として資本業務提携を本格始動する。ゴーン氏は陣頭指揮を執り、燃費データ不正問題で業績が悪化する三菱自の再建を目指す。

 日産は、5月に三菱自と資本業務提携で合意し、会長を含む取締役4人の派遣を決定。元副社長の山下光彦氏(63)が6月、不正の舞台となった開発部門のトップとして三菱自副社長に就任している。

 益子氏は、6月に相川哲郎前社長が不正問題で引責辞任したことを受け、社長を兼務。経営責任を問う声もあり、益子氏は「新体制に引き継ぐことが役割だ」と述べていた。

関連ニュース

三菱自と日産、軽の受注再開 販売回復へ大幅値引き不可避

「ニュース」のランキング