産経ニュース

44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転

ニュース 経済

記事詳細

更新


44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転

長野県北部地震で土砂が崩落した現場を走るSLの試運転列車=19日午前、長野県栄村(桐原正道撮影) 長野県北部地震で土砂が崩落した現場を走るSLの試運転列車=19日午前、長野県栄村(桐原正道撮影)

 11月にJR飯山線飯山駅(長野県飯山市)と、長岡駅(新潟県長岡市)間約100キロでイベント運行される蒸気機関車(SL)の試験運転が19日、実際の運行区間を使って行われた。長野県内の飯山線をSLが走るのは昭和47年以来44年ぶり。イベント運行日に合わせて乗客をもてなす催しを計画して機運を高めてきた沿線住民たちから、長い時を隔て再会したSLの雄姿に歓喜の声が上がった。(三宅真太郎)

 19日午前8時52分、JR飯山駅。朝の張り詰めた空気を打ち破る力強い汽笛が一帯に響き渡ると、黒い車体が重厚感のある車輪の音を鳴らしてゆっくりと進み出した。その瞬間に立ち会った多くの地元住民や鉄道ファンたちは歓声と拍手を送り、徐々に速度を上げて遠のくSLを名残惜しそうに見届けた。

 運行当時に利用していたという近くに住む佐藤一道さん(72)は、「懐かしさがこみ上げてきた。このSLが地域の活性化につながるならうれしい」と感慨深げに話した。

 沿線では、県内外から駆けつけた鉄道ファンたちがカメラを構えた。

 神奈川県逗子市の会社員、加藤直樹さん(49)は「SLは現代の電車にはない音と煙が魅力。この日を楽しみにしていた」と、しきりにシャッターを切っていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転
  • 44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転
  • 44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転
  • 44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転
  • 44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転
  • 44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転
  • 44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転
  • 44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転
  • 44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転
  • 44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転
  • 44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転
  • 44年ぶりSLの雄姿に歓喜 長野県JR飯山線 11月イベントに向け試運転

関連ニュース

5年ぶり! SLを重連運行 群馬のJR上越線に歓声

「ニュース」のランキング