産経ニュース

東芝が青梅事業所を来年3月に閉鎖 PCとテレビの開発拠点

ニュース 経済

記事詳細

更新


東芝が青梅事業所を来年3月に閉鎖 PCとテレビの開発拠点

 東芝は19日、パソコンとテレビの開発拠点である青梅事業所(東京都青梅市)を、来年3月末をめどに閉鎖すると発表した。不正会計問題の影響で業績が悪化し、2015年12月に大規模なリストラ策を打ち出した際、事業所を閉鎖する方針を示していた。

 従業員はグループの別の拠点に異動し、勤務を続ける。土地や建物の売却先や金額などは今後決めるという。

 青梅事業所は1968年1月に設立。東芝が85年に世界初のノートパソコンを発売する原動力となった。

 東芝はリストラに伴い、テレビの海外生産から撤退している。パソコン事業は富士通とVAIO(バイオ、長野県安曇野市)との統合を検討したが、合意に至らなかった。

関連ニュース

東芝の歴代3社長「粉飾認識」 監視委が検察に告発協議要請へ

「ニュース」のランキング