産経ニュース

造船不況が直撃! 三菱重工、「祖業」立て直しできるか

ニュース 経済

記事詳細

更新


造船不況が直撃! 三菱重工、「祖業」立て直しできるか

大型客船事業から撤退する三菱重工業の長崎造船所=長崎県長崎市 大型客船事業から撤退する三菱重工業の長崎造船所=長崎県長崎市

 三菱重工業が18日、大型客船からの撤退を打ち出した。同社の客船事業はこれまで、雪だるま式に損失を膨らませてきた。撤退で、将来の損失リスクは回避できそうだ。もっとも、造船業界を取り巻く環境は厳しさを増す一方で、生き残りに向け、さらに徹底した構造改革が求められる。(井田通人)

 「少しでも世界最高級の技術を残し、何とかやっていけないかという思いだ」

 三菱重工の宮永俊一社長は同日の会見で、「祖業」でもある造船事業の存続に向けた思いを強調した。

 だが、目標とする「安定的な黒字」への道のりは険しい。

 同社はもともと、事業採算の悪化を打開しようと、作るのが難しく、収益性の高い客船に目を向けた経緯がある。大型客船は巨額の損失を生み出してきたが、事業が軌道に乗れば有力な収益源に育つ可能性もあった。旅客と貨物を同時に運べる貨客船など、有望分野は他にもあるが、客船ほどの収益は見込みにくい。

続きを読む

関連ニュース

三菱重工が大型客船事業から撤退へ 中小型に絞り込み、商船は分社化や提携を模索

「ニュース」のランキング