産経ニュース

消費税増税再延期法案が衆院で審議入り

ニュース 経済

記事詳細

更新


消費税増税再延期法案が衆院で審議入り

衆院本会議で、消費税延期法案に関する趣旨説明に臨む麻生太郎副総理兼財務相=18日午後、国会(斎藤良雄撮影) 衆院本会議で、消費税延期法案に関する趣旨説明に臨む麻生太郎副総理兼財務相=18日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 消費税率10%への引き上げを平成31年10月まで再延期する税制改正法案が18日、衆院本会議で審議入りした。政府・与党は11月中の成立を目指す。

 安倍晋三首相は6月、景気回復途上の増税は「内需を腰折れさせかねない」として、予定していた29年4月からの増税を2年半先送りすることを表明。増税とともに飲食料品などの税率を8%に据え置く軽減税率の導入時期も2年半先送りする。

 民進党は再延期そのものを否定していないが、黄川田徹衆院議員は18日の本会議で「再延期の原因はアベノミクスが行き詰まり、国民生活が厳しさを増したことにある」と批判した。

関連ニュース

「ニュース」のランキング