産経ニュース

ゼンショーが群馬の食品スーパー買収 「フジマート」など44店の運営会社

ニュース 経済

記事詳細

更新


ゼンショーが群馬の食品スーパー買収 「フジマート」など44店の運営会社

 「すき家」などを傘下に抱える外食大手のゼンショーホールディングス(HD)は18日、群馬県を地盤に食品スーパーを展開しているフジタコーポレーション(群馬県太田市)を11月21日付で買収する、と発表した。買収金額は約124億円で、小売り事業を強化するのが狙い。

 フジタは群馬県を中心に食品スーパー「フジマート」など計44店舗を展開。平成28年3月期の売上高は253億円、営業利益は8億円だった。一方、ゼンショーHDは埼玉県や千葉県を中心に食品スーパー「マルヤ」や「尾張屋」など約100店を展開している。

 買収はゼンショーHD傘下で食品スーパーを統括する中間持ち株会社が、フジタの創業家から株式の約97%を取得。残りの株式を保有する機関投資家らにも買い取りを働きかけ、全株式を取得する方針だ。

関連ニュース

イオン、8月中間決算が53億円の最終赤字に 大型スーパーの営業赤字は180億円超

「ニュース」のランキング