産経ニュース

サムスンに米ファンドが3兆円配当&分割要求 スマホ爆発響く7~9月業績

ニュース 経済

記事詳細

更新


サムスンに米ファンドが3兆円配当&分割要求 スマホ爆発響く7~9月業績

 「物言う株主」として知られる米ヘッジファンドのエリオット・マネジメントが、韓国のサムスン電子を再び急襲した。会社分割や30兆ウォン(約2兆8000億円)の特別配当支払い、3人の社外取締役就任などの要求を突き付けたのだ。(夕刊フジ)

 サムスンが7日発表した7~9月期決算の速報値は、売上高が前年同期比5・2%減の49兆ウォン(約4兆5600億円)、営業利益は同5・6%増の7兆8000億ウォン(約7260億円)。4~6月期との比較では減収減益。半導体は好調だったが、新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」のリコール(無料の回収・修理)でリコール実施に伴い1兆ウォン(約930億円)前後の損失が出たとの見方がある。

 系列ファンド2社を通じてサムスン株0・62%を保有しているエリオットは、サムスンの取締役に向けた書簡で「不必要に複雑な支配構造の影響で、株価が70%程度低く評価されている」として純粋持ち株会社と事業会社に分離すべきだと主張。30兆ウォンの特別配当や、独立した3人の取締役選任も求めた。

 エリオットは昨年、創業家のファミリー企業である第一毛織とサムスン物産の合併に強硬に反対した経緯もある。

続きを読む

「ニュース」のランキング