産経ニュース

イオン、8月中間決算が53億円の最終赤字に 大型スーパーの営業赤字は180億円超

ニュース 経済

記事詳細

更新


イオン、8月中間決算が53億円の最終赤字に 大型スーパーの営業赤字は180億円超

イオンモール堺北花田=堺市北区。堺北花田阪急は平成29年7月末で営業終了する イオンモール堺北花田=堺市北区。堺北花田阪急は平成29年7月末で営業終了する

 イオンが5日発表した8月中間連結決算は、前年同期に21億円の黒字だった最終損益が、53億円の赤字に転落した。消費低迷を受けた販売不振により、特に大型スーパーが直撃を受けた。通期(2017年2月期)予想は従来通り、最終利益100億円を確保するとの見通しを据え置いたが、かなり高いハードルとなる。

 大手流通業は軒並み業績不振に陥っており、これまで高収益を誇ってきたセブン&アイ・ホールディングスも9月30日に、通期業績予想を下方修正、最終利益が従来予想からほぼ半減して800億円に減ると発表したばかり。特に大型スーパーを柱とする会社をめぐる経営環境はますます厳しくなってきた。

 イオンの中間決算は、売上高が前期比0.9%増の4兆1118億円、営業利益が0.1%増の723億円だった。

 事業別営業損益をみると、食品スーパー、小型店、薬局、金融事業などは前年同期より営業黒字を伸ばしたが、大型スーパーは87億円の赤字から183億円の赤字へと大きく悪化した。

【関連ニュース】イオンに出店…“爆買い”特需も無く…相次ぐ郊外型百貨店の撤退

【関連ニュース】「三井」も「岡田イオン」も発祥…三重県の憂鬱 熊本や鹿児島より人口も多いのだ

「ニュース」のランキング