産経ニュース

三菱重工、「ゆりかもめ」無人運転車両を48両受注

ニュース 経済

記事詳細

更新


三菱重工、「ゆりかもめ」無人運転車両を48両受注

 三菱重工業は23日、新交通ゆりかもめから、全自動無人運転車両(AGT)を48両(8編成)を受注したと発表した。既存車両の更新用として、7300系車両を2018年6月から20年6月にかけて納入する。

 三菱重工はゆりかもめ向けに13年度から7300系108両(18編成)の納入実績を持つ。今回の受注ですべてAGTとなる。7300系車両はアルミニウム合金を採用することで軽量化を図り、輸送人員の増加に寄与している。

 ゆりかもめは東京・新橋~豊洲駅間の臨海部を運行している。このエリアは20年に開催する東京五輪・パラリンピックの競技会場が集まり、その頃には新車両が走行することになる。

 三菱重工のAGTは日暮里・舎人ライナー、埼玉新都市交通でも走行している。同社は今回の受注を弾みに国内外に積極的に営業展開する方針だ。

関連ニュース

三菱重工、欧州向けにルームエアコン9機種販売 デザイン強化し売上げ1割アップ目指す

「ニュース」のランキング