産経ニュース

電通、ネット広告で過大請求 4年で最大2億円か 午後4時から会見し説明

ニュース 経済

記事詳細

更新


電通、ネット広告で過大請求 4年で最大2億円か 午後4時から会見し説明

 電通がインターネットでの企業広告で、実際には契約より少ない回数しか広告を表示しなかったのに契約通りの料金を広告主から受け取っていたことが23日、分かった。広告主への過大請求は数十件見つかっており、4年間の合計で最大2億円程度になるとみられる。

 今年7月に広告主からの指摘があり社内で調査を始め、不適切な取引が判明した。電通は広告主に対して個別に経緯を説明し、過大に請求した金額を返金する。

 不適切な取引があったのは、インターネット上に帯状に表示されるバナー広告と呼ばれるもので、これをクリックすると広告主のホームページにつながる仕組み。

 電通の中本祥一副社長執行役員が23日午後4時から東京証券取引所で記者会見を開き、詳細を説明する。

関連ニュース

LINEの6月中間は黒字転換 広告収入増える

「ニュース」のランキング