産経ニュース

【検証 異次元緩和(上)】「こんなことでは稼げない」幹部は頭を抱えた 黒田総裁の「綱渡り」の政策運営は続く…

ニュース 経済

記事詳細

更新

【検証 異次元緩和(上)】
「こんなことでは稼げない」幹部は頭を抱えた 黒田総裁の「綱渡り」の政策運営は続く…

 マイナス金利に対する金融機関の嫌悪感は根強く、日銀は今回、長期金利を上昇させる枠組み修正にとどめ、マイナス金利の深掘りを見送ることで配慮を示した形だ。

 「市場や金融機関との対話を通じ、真摯(しんし)に受け止めていただいた結果」

 全国地方銀行協会の中西勝則会長(静岡銀行頭取)は21日、日銀の決定を評価するコメントを出した。

 SMBC日興証券の丸山義正氏は「全体としては日銀内外のさまざまな関係者に良い顔をしようとして『八方美人』の内容になった」と揶揄(やゆ)した。

 ただ、今後急速な円高に見舞われれば、黒田総裁は国債買い入れを減らす代わりに、マイナス金利を深掘りする可能性を示唆した。その際、日銀内のリフレ派と金融機関を「敵に回す」恐れも出てくる。

 大手銀行は企業向け大口預金に「口座維持手数料」を課す検討を始めるとみられ、新たな副作用も懸念される。黒田総裁の「綱渡り」の政策運営は続く。

     

 日銀は21日、金融政策の枠組みを大幅に変更した。その内幕を探る。

関連ニュース

【経済インサイド】日銀、財務省、金融庁の「三すくみ」…マイナス金利めぐる複雑な“胸中”

「ニュース」のランキング