産経ニュース

経産省が省エネ法の評価見直し 企業間協力も対象に 補助金を優先配分

ニュース 経済

記事詳細

更新


経産省が省エネ法の評価見直し 企業間協力も対象に 補助金を優先配分

 サプライチェーン(物流網)の構成企業が天候などによる需要変化の予測を共有すればメーカー、卸、小売りの各分野で過剰な生産・在庫を抑制できる。

 日本は温室効果ガスの年間排出量を「平成42年度に25年度比で26%削減」する目標を国連に提出したが、達成には徹底した省エネ対策が必要になる。経産省は、評価対象を見直すことで「新たな省エネの余地が生まれるのではないか」(幹部)と期待している。

関連ニュース

東電の廃炉費用支援など検討、経産相が専門委設置

「ニュース」のランキング