産経ニュース

米が旅客機のイラン輸出承認 ボーイングとエアバス、制裁解除後初

ニュース 経済

記事詳細

更新


米が旅客機のイラン輸出承認 ボーイングとエアバス、制裁解除後初

 核兵器開発疑惑に伴う対イラン制裁の解除を受け、米政府は21日、旅客機をイランから大量受注していた米航空機大手ボーイングと欧州大手エアバスの2社に対し、輸出を承認した。AP通信が伝えた。

 イランは1月にエアバスから旅客機100機超を、6月にボーイングから約100機を購入することでそれぞれ合意。機体に米国製部品が多く含まれるエアバス、米企業であるボーイングともに、米政府の承認がなければ納入できない状態が続いていた。

 人口約8千万人のイランは新たな有望市場として注目されているが、ミサイル開発などを理由とした米国の制裁が残っており、外国企業との商談が難航するケースが多発。大型案件の航空機輸出が実現すれば、取引が加速する起爆剤となりそうだ。(共同)

関連ニュース

イラン大統領、国連総会出席へ 焦点はオバマ氏との直接対話の有無

「ニュース」のランキング