産経ニュース

【スゴ技ニッポン】「電子ルームミラー」が凄すぎる! 鏡なのか? 液晶なのか? バックミラー最大手の村上開明堂が開発

ニュース 経済

記事詳細

更新

【スゴ技ニッポン】
「電子ルームミラー」が凄すぎる! 鏡なのか? 液晶なのか? バックミラー最大手の村上開明堂が開発

後方と側面の映像を3分割の画面で映し出す新開発の「マルチ ミラーシステム」(村上開明堂提供) 後方と側面の映像を3分割の画面で映し出す新開発の「マルチ ミラーシステム」(村上開明堂提供)

 自動車用バックミラーで国内最大手の村上開明堂(静岡市葵区)が、車の後部などにカメラを取り付けその映像を映すモニター機能を搭載した「電子ルームミラー」を開発した。鏡でできている通常のルームミラーより視認性が格段に高いのが特徴で、従来のルームミラーと同様に運転しながら後方の映像を確認することができる。平成30年度に販売される市販車への搭載を目指し、量産を始める予定だ。

 同社が開発した製品は、車の後部に設置したカメラで後方を見る「ハイブリッド インナーミラー」と、側面のサイドミラーにもカメラを取り付け、後方と両側方の映像を3分割の画面で見ることができる「マルチ ミラーシステム」の2種類。

 通常のルームミラーといえば、鏡で後方を確認するものだが、このシステムは車に搭載したカメラで後方の映像を映し出すことで視認性を格段にアップさせた。

 液晶モニターに、電源を入れると透過性のあるガラスになって映像を見ることができる業界初の「特殊ミラー素子」を使用。電源を切るとふつうの鏡に切り替わるため、事故で電源が喪失した場合でも通常のルームミラーとして使用することができる。

 モニター機能の付いた電子ルームミラーは他社も開発しているが、鏡とモニターの切り替えをミラーの角度を手で変えて行わなければならず、急なアクシデントが起きた際などの対応に難点があった。村上開明堂経営企画課の高嶋明さんは同社の製品について「(鏡とモニターの切り替えを)自動化したことで使用感は格段にアップした」と胸を張る。

続きを読む

関連ニュース

【地方再生】東京都庁発のヒット商品「ミラーズロック」 現場職員考案の差し押さえ秘密兵器

「ニュース」のランキング