産経ニュース

【日銀 金融緩和の枠組み変更】黒田総裁「国債買い入れは増えることも減ることもある」 市場に緩和の限界観測の懸念も

ニュース 経済

記事詳細

更新

【日銀 金融緩和の枠組み変更】
黒田総裁「国債買い入れは増えることも減ることもある」 市場に緩和の限界観測の懸念も

 「国債買い入れ額は増えることもあるし減ることもあるが、テーパリング(緩和縮小)ではない」

 日銀は今後、国債買い入れの量にはこだわらず、毎回の金融政策決定会合で目標金利に即して買い入れ量を上下させる。黒田総裁は緩和縮小との見方を否定したが、市場の反応は読み切れない。

 「外国為替の安定のための(外債)売買は財務大臣が一元的に所管している」

 金融緩和の手詰まりが意識される中、市場の一部では外国債券の買い入れが噂されていた。ただ、米国債を購入すれば円安ドル高を誘導できる利点がある半面、為替操作と受け取られかねない。黒田総裁は「日銀法上、日銀主導ではできない」との考えを示した。

関連ニュース

日銀、金融緩和を強化 長期金利0%の新目標設定、マイナス金利0.1%は維持

「ニュース」のランキング