産経ニュース

【日銀 金融緩和の枠組み変更】黒田総裁「国債買い入れは増えることも減ることもある」 市場に緩和の限界観測の懸念も

ニュース 経済

記事詳細

更新

【日銀 金融緩和の枠組み変更】
黒田総裁「国債買い入れは増えることも減ることもある」 市場に緩和の限界観測の懸念も

 日銀の黒田東彦総裁は21日の記者会見で、金融緩和の枠組みを「量」から「金利」へ修正したことについて「政策の持続性が高まる」と効果を強調した。物価上昇率が安定的に2%を超すまで金融緩和を継続するとも明言したが、市場からは金融緩和策の限界が意識される懸念もある。(藤原章裕)

 「イールドカーブ(国債の利回り曲線)の過度な平坦(へいたん)化は心理面で悪影響」

 日銀が今年2月にマイナス金利政策を導入して以降、黒田総裁はマイナス金利の効果のみをアピールし、強気一辺倒を貫いた。しかし、「総括的な検証」では金融機関への悪影響も詳しく解説。枠組み修正で長期や超長期の国債利回りを上昇させ、金融機関が利ざや(貸出金利と預金金利の差)を稼ぎやすくした。黒田総裁は「(こうした悪影響を)考慮したのは事実」と認めた。

 「イールドカーブ操作は十分できる」

 一般的に、短期金利は中央銀行の政策でコントロールできるが、長期金利はさまざまな要因で決まるので操作は難しいとされる。黒田総裁も「短期金利と同じようにコントロールできるとはいえない」との認識を示す一方、「リーマン・ショック後は長期国債購入で(貸出金利低下などの)効果が出た」と指摘した。

続きを読む

関連ニュース

日銀、金融緩和を強化 長期金利0%の新目標設定、マイナス金利0.1%は維持

「ニュース」のランキング