産経ニュース

VWの日本販売なお苦戦 不正発覚から1年、ブランド回復遠く

ニュース 経済

記事詳細

更新


VWの日本販売なお苦戦 不正発覚から1年、ブランド回復遠く

フォルクスワーゲングループジャパンが発売した「ザ・ビートル」の一部改良車=21日、東京都千代田区(春名中撮影) フォルクスワーゲングループジャパンが発売した「ザ・ビートル」の一部改良車=21日、東京都千代田区(春名中撮影)

 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の日本での販売がふるわない。排ガス規制逃れ問題の発覚から丸1年が経過したものの、ブランドに対する不信感がなお根強いためだ。テコ入れに向け、VW日本法人は21日、主力車「ザ・ビートル」を一部改良して投入した。年末に向け、全国20カ所で全車種の試乗会を開くなど巻き返しを急ぐが、施策の効果は未知数だ。

 「日本で重要なのは信頼回復だ」

 VW日本法人のティル・シェア社長は21日、東京都内で開いた改良版ビートルの発表会後の記者会見でこう繰り返した。

 背景には昨年9月の不正問題発覚後、他の先進国に比べ大幅に落ち込んだ日本市場での新車販売の不振がある。VWの今年1~8月の主要市場での新車販売台数を見ると、欧州は前年同期比3.1%増、北米は1.3%減だった。これに対し日本は17%も落ち込んだ。この間、日本の外車市場全体が2.9%増えていたにもかかわらずだ。

 先進国の中でも、日本の消費者は特にブランドイメージを重視する傾向が強いとされる。不正によるブランドへの“失望”が、販売面で色濃く影響した形だ。

 VWにとって日本市場は本来、強みを持つ市場であった。一昨年まで15年連続で外車メーカーにおけるトップシェアを維持したことからも明らかだ。

続きを読む

関連ニュース

VWが「ビートル」4年ぶり部分改良し発売 日本法人社長は「信頼回復を」とアピール

「ニュース」のランキング