産経ニュース

11月の電気料金は6社が値上げ 燃料の輸入価格上昇で、ガスは4社とも

ニュース 経済

記事詳細

更新


11月の電気料金は6社が値上げ 燃料の輸入価格上昇で、ガスは4社とも

 大手電力会社10社のうち東京電力など6社が、11月の家庭向け電気料金を10月と比べ値上げする見通しであることが21日、分かった。火力発電の燃料の液化天然ガス(LNG)などの輸入価格が上昇したため。都市ガス4社は全社がガス料金を上げる見込みだ。

 標準的な家庭の電気料金の上げ幅は東電が24円、関西電力は16円程度の値上げとなる見通し。関電は節電の定着を反映し、標準的な家庭の使用量を月300キロワット時から260キロワット時に下げる。

 中部電力は18円、東北電力が11円のそれぞれ値上げとなる見通し。北海道電力と九州電力の値上げ幅はそれぞれ10円程度となる見込みだ。

 一方、沖縄電力は9円、北陸電力は6円程度の値下げとなる見通し。石炭の価格下落の効果が大きかった。中国電力と四国電力は横ばいとなりそうだ。

 ガス料金は大手4社が値上げとなる。値上げ幅は大阪ガスが18円、東京ガスと東邦ガスがそれぞれ16円、西部ガスが12円程度となる見通しだ。

関連ニュース

米テスラ、スーパーカー並み加速を実現 電気自動車の主力セダンで

「ニュース」のランキング