産経ニュース

百貨店売上高、8月は6%の大幅減 天候不順や外国人の「爆買い」鈍化で

ニュース 経済

記事詳細

更新


百貨店売上高、8月は6%の大幅減 天候不順や外国人の「爆買い」鈍化で

 日本百貨店協会が21日発表した8月の既存店ベースの売上高は、前年同月比6・0%だった。天候不順に伴う衣料品の不振や、“爆買い”の鈍化で訪日外国人向けが振るわず、6カ月連続でマイナスだった。マイナス幅は、消費増税前の駆け込み需要の反動が出た平成27年3月(19・7%減)以来の大きさだった。

 商品別では、主力の衣料品が10・7%減と大きく落ち込んだ。前年同月に比べ休日が1日少なかったことも響いた。株価低迷などに伴い、美術・宝飾・貴金属も10・7%減と2ケタのマイナスだった。

 中国人が多数を占める訪日外国人向けの売上高は26・6%減と、5カ月連続のマイナス。客数は5・9%増と増えているものの、売れ筋が高額品から化粧品などの消耗品に移行したため、1人あたりの単価が下がっている。

 同協会は、先行きについて「訪日外国人向けや個人消費の低迷は長期化しており、売上高の急回復は厳しい」と分析している。

関連ニュース

居酒屋「串カツ田中」が上場初日に株価5千円突破の大人気 1千店挑戦など急成長計画も公表

「ニュース」のランキング