産経ニュース

丸井、新宿「ヤング館」130億円で売却 DCブランド発信拠点

ニュース 経済

記事詳細

更新


丸井、新宿「ヤング館」130億円で売却 DCブランド発信拠点

 ファッションビルを展開する丸井グループは20日、東京・新宿に保有する賃貸用ビルを約130億円で売却すると発表した。かつては「ヤング館」の愛称で知られた「マルイヤング新宿」が営業し、若者文化の象徴的な建物だったが、経営効率化の一環で手放す。売却先は国内事業者だが、詳細は明らかにしていない。丸井グループは30日に物件を引き渡し、改めてビルを借り受けて運営する方針だ。

 このビルは、丸井新宿店として昭和37年にオープン。マルイヤング新宿に衣替えした後、DC(デザイナーズ・キャラクターズ)ブランドブームの発信拠点となった。平成21年にファストファッションを主体とする「新宿マルイカレン」になったが、販売不振が続き24年に閉店。現在は紳士服店や雑貨店がテナントとして入っているが、売却後も変わらず営業する予定。

関連ニュース

銀座ソニービルを来春解体 東京五輪までイベント広場として開放、終了後に新ビル着工へ

「ニュース」のランキング