産経ニュース

ルネサスが米半導体メーカーを買収へ 電力系、最大3千億円で

ニュース 経済

記事詳細

更新


ルネサスが米半導体メーカーを買収へ 電力系、最大3千億円で

 半導体大手のルネサスエレクトロニクスが同業の米インターシルを買収する方向で最終調整していることが22日、分かった。買収額は最大で3千億円。省電力技術に強みを持つインターシルを取り込み、車載用半導体事業を拡大するのが狙い。大規模なリストラを実施し、経営危機を脱したルネサスは今回の買収を契機に成長軌道に乗せる。

 インターシルは消費電力を抑える半導体を主力製品とし、車載や産業機器、通信、航空宇宙など幅広い分野に供給する。2015年の売上高は5億2200万ドル(約520億円)で従業員は1100人。

 欧米やアジアの自動車メーカーに販路を持つ。今後は自動運転などの普及で車載用半導体市場は拡大する見通し。ルネサスは今回の買収で、製品ラインアップを拡充し、車載用半導体事業を強化したい考えだ。

 車載用半導体市場は昨年から大型再編が起こり、ルネサスはシェア首位から転落し、現在は3位となっている。インターシルの買収で巻き返しを図る。

 ルネサスは平成22年に日立製作所、三菱電機の半導体事業を統合したルネサステクノロジとNECエレクトロニクスが経営統合して発足。円高や東日本大震災で経営危機に陥り、産業革新機構が出資し、大規模なリストラを断行し、現在は業績が回復している。

「ニュース」のランキング