産経ニュース

ノートとタブレット両方で利用 日本エイサーの法人向け新PC

ニュース 経済

記事詳細

更新


ノートとタブレット両方で利用 日本エイサーの法人向け新PC

日本エイサーが5日から法人向けに発売する、ノートPCとタブレット両方で利用できる新製品=2日、東京都港区(黄金崎元撮影) 日本エイサーが5日から法人向けに発売する、ノートPCとタブレット両方で利用できる新製品=2日、東京都港区(黄金崎元撮影)

 日本エイサー(東京都新宿区、ボブ・セン社長)は2日、ノートパソコンとタブレット端末の両方として利用できる法人向けの「スイッチ アルファ12」を5日から発売すると発表した。想定価格は12万~14万円(税別)前後。場所を選ばず、効率的に仕事ができる設計にした。同社は新製品の投入で国内の中小企業や教育関係を開拓する。

 新製品は米マイクロソフト(MS)の最新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10プロ」を搭載している。エイサー独自の液体冷却システムを装備し、雑音が少ないのが特徴だ。

 液晶画面の大きさは12インチで、スタイラスペンでも入力できる。165度まで角度調整できるキックスタンドも付いている。重さはキーボード接続時が約1250グラム。機種はメモリー容量が4ギガバイトと8ギガバイトの2つのタイプを用意した。

 また、法人向けに「ウィンドウズ10モバイル」を搭載したLTE対応のSIMフリースマートフォン「リキッド ジェード プリモ」も25日に発売する。想定価格は約10万円(税別)。画面の大きさは5.5インチで、厚さが約8.4ミリ、重さが約150グラム。ハイエンド機種として販売する。

関連ニュース

VAIOが黒字転換 高級機種「VAIO Z」など好調

「ニュース」のランキング