産経ニュース

大地宅配「日本むかし野菜」 × bebemeshi コラボレーション商品発売のお知らせ

ニュース 経済

記事詳細

更新


大地宅配「日本むかし野菜」 × bebemeshi コラボレーション商品発売のお知らせ

大地を守る会
~ 第1弾は在来品種野菜を使った離乳食メニュー ~

有機食材宅配のパイオニア・大地宅配を運営する株式会社大地を守る会(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:藤田和芳 以下、当社)は、株式会社アッソラート(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:平澤昇 )と共同で離乳食の新商品「大地宅配『日本むかし野菜』×bebemeshi」を開発し、発売することとなりました。

[画像1: http://prtimes.jp/i/19062/17/resize/d19062-17-597465-1.jpg ]

 今回の取り組みは、有機野菜の宅配業界において最も厳しいレベルの自社基準で食材を提供する当社の理念と、乳幼児に対して添加物不使用、安心・安全でおいしい離乳食を提供するbebemeshiブランドの理念が一致し、実現しました。原材料に埼玉青なすのみしか使用していない本商品は、なすの甘みと香りが存分に感じられる、大人が食べても美味しい逸品となっています。
今後も両社は、様々なメニューを共同開発し、発売していく予定です。

●在来品種ブランド「日本むかし野菜」とは?
[画像2: http://prtimes.jp/i/19062/17/resize/d19062-17-417863-3.jpg ]

「日本むかし野菜」とは、大地宅配が展開する在来品種ブランドです。在来品種とは、日本各地の農家が長年、栽培とタネ採りを繰り返しながら、その土地の気候風土や地域特性をいかして育て、継承してきたものです。そのため、その土地でしか育たない、個性豊かな形や味が魅力です。しかし、高度経済成長を経て、効率や経済性を追求しつづけてきたこの数十年の間に、種の採種や栽培の手間、さらに収穫量も少ない栽培に手がかかり、大量生産・大量流通に向かない在来品種はどんどん廃れていきました。一度、タネが絶えてしまった品種はもう二度と蘇ることはありません。日本むかし野菜は1998年の販売開始以降、より多くの方々に在来品種について知って頂き、食べて頂くことで在来品種が1つでも多く未来に残せるよう、さまざまな活動を行ってきました。

●日本初!?在来品種の離乳食 ~ 商品企画の背景 ~
[画像3: http://prtimes.jp/i/19062/17/resize/d19062-17-195868-2.jpg ]

 在来種はその種を絶やさず、この先の世代へとバトンを繋げていくことがとても重要です。世代や時代を超え、生産者が大事に守り育ててきた野菜を、これからの未来を担う子どもたちに届けたい、というメッセージを込めてこの商品を開発しました。

●第1弾は埼玉県・瀬山農園の埼玉青なす!
 瀬山農園の埼玉青なすは、明治の初めに中国から持ち込まれ、奈良漬用としてこの地域での栽培が始められたと推測されています。瀬山農園の瀬山さんが代々、自家用に作りつづけてきました。皮は硬いのですが、煮たり焼いたり炒めると中がとろけるようにやわらかくなります。

<商品概要>
●商品名:大地宅配×bebemeshi 日本むかし野菜の埼玉青なす
●価格:
・生後5、6ヶ月用 40gパック×3袋入り ¥776(税込/送料別)
・生後7、8ヶ月用 15gパック×5袋入り ¥530(税込/送料別)
・生後9、10ヶ月用 20gパック×5袋入り ¥670(税込/送料別)
・生後11、12ヶ月用 20gパック×5袋入り ¥670(税込/送料別)
●原材料:埼玉青なす(有機)
●発売日:2016年8月8日(月)
●購入方法:bebemeshiホームページ(http://www.bebemeshi.jp/

<bebemeshiについて>
無農薬野菜や有機野菜を中心に、瀬戸内海の白身魚、鳥取県の有機無農薬米などを使用し、今年1月27日にデビューした今までにない離乳食ブランド。「離乳食」はたった1年足らずの短い期間のものだけど、初めて子供が口にして食の楽しさや美味しさ、将来に渡る“味のベース”を決める大事な期間でもあります。味付けがほとんどない離乳食だからこそ素材本来の味や香りを感じてもらえるように、産地や調理法にこだわり、管理栄養士監修がメニューを開発。月齢に合わせて素材の柔らかさや大きさも変えています。

<株式会社 大地を守る会について>
自然環境と調和した、生命を大切にする社会の実現をめざし、1975年に設立のソーシャルビジネス(社会的企業)。安全・安心とおいしさにこだわった農・畜・水産物、加工食品、雑貨等をお届けする宅配サービス他を運営しています。現在、利用者数は約27万9千人、生産者会員は全国に2,500人(2016年3月末現在)。
本社:千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデン D棟21階

「ニュース」のランキング