産経ニュース

VAIO、南米3カ国で新たにPCを販売へ 日本ではファッショナブルPC投入

ニュース 経済

記事詳細

更新


VAIO、南米3カ国で新たにPCを販売へ 日本ではファッショナブルPC投入

VAIOが発売するファッショナブルPC「VAIO C15」=26日、東京都中央区(宇野貴文撮影) VAIOが発売するファッショナブルPC「VAIO C15」=26日、東京都中央区(宇野貴文撮影)

 ソニーのパソコン(PC)事業が独立したVAIO(バイオ、長野県安曇野市)は26日、9月から新たにアルゼンチン、チリ、ウルグアイの3カ国でもPCの海外販売を開始すると発表した。また機能よりもファッション性を重視したPC新製品「VAIO C15」4機種を8月5日から順次発売、国内事業の強化も図る。

 VAIOは現在、米国とブラジルでPCを販売中。ブラジルでは、地元PC大手のポジティーボ・インフォマティカ社とパートナー契約を結び、VAIOブランドのPCの製造・販売を委託し、成功している。

 アルゼンチンでは同国家電メーカーBGHとポジティーボとの合弁会社と協力し、ブラジルと同様のビジネスモデルを行う。アルゼンチンでは9月から、チリとウルグアイでは来年初めから販売を開始する予定だ。

 「C15」の4機種は、本体をツートンカラーに着色した。雑貨や服のように「これ、好き」と直感で選べるようにし、室内のインテリアにもなじみやすくなるよう配慮した。

 想定価格(税別)は量販店で9万4800円、ソニーの直営店「ソニーストア」では6万6800円から。

 VAIOは平成27年5月期に営業損益が19億円の赤字だったが、28年5月期は法人向けPC、ロボットやウエアラブル端末などの受託製造サービス(EMS)が好調で、黒字転換を達成した。

関連ニュース

VAIOが黒字転換 高級機種「VAIO Z」など好調

「ニュース」のランキング