産経ニュース

孫ソフトバンク社長がメイ英首相と会談 アーム社買収で雇用倍増など約束

ニュース 経済

記事詳細

更新


孫ソフトバンク社長がメイ英首相と会談 アーム社買収で雇用倍増など約束

英国のメイ首相との会談後、記者団の取材に応じるソフトバンクグループの孫正義社長=25日、ロンドン(共同) 英国のメイ首相との会談後、記者団の取材に応じるソフトバンクグループの孫正義社長=25日、ロンドン(共同)

 【ロンドン=岡部伸】ソフトバンクの孫正義社長は25日、英半導体開発大手、アーム(ARM)・ホールディングスの買収に関連して、メイ英首相とロンドンの首相官邸で会談した。孫社長は、英国内の雇用を5年以内に倍増させ、本社を英ケンブリッジに置き続けることを説明。メイ首相は、歓迎する意向を示したという。

 会談は孫氏の申し入れで実現した。会談後に記者会見した孫氏によると、約240億ポンド(約3兆3千億円)を投じる今回の買収について、メイ氏に英国最大ハイテク企業を大切にしていく思いを伝えた。メイ氏は、欧州連合(EU)離脱決定で揺れる英国の他の企業が安心感を得られると述べ、歓迎したという。また、離脱決定後も外国企業が安心して英国に投資できることを世界に示したと述べたという。

「ニュース」のランキング