産経ニュース

うなぎ高騰…蒲焼き味ポテチ、エキス入りスイーツ、代用なまずも 「土用の丑の日」商戦活発

ニュース 経済

記事詳細

更新


うなぎ高騰…蒲焼き味ポテチ、エキス入りスイーツ、代用なまずも 「土用の丑の日」商戦活発

「近大発なまずの蒲焼き」を手にする開発者の近畿大学有路昌彦教授(右)とうなぎの蒲焼きなどを手にアピールするイオンの担当者ら=22日、東京都品川区のイオン品川シーサイド店(永田岳彦撮影) 「近大発なまずの蒲焼き」を手にする開発者の近畿大学有路昌彦教授(右)とうなぎの蒲焼きなどを手にアピールするイオンの担当者ら=22日、東京都品川区のイオン品川シーサイド店(永田岳彦撮影)

 30日の「土用の丑の日」に向けたうなぎ商戦が本格化している。昨年冬に稚魚が不漁だったため、今夏は販売価格が昨夏より1割程度値上がりしている。流通や外食などの各社は、国産うなぎのほか、なまずを使ったかば焼きなど個性的な商品も消費者に積極的に提案し、需要の掘り起こしを図っている。

 流通大手のイオンは近畿大学と連携し全国121店で、近大が開発したうなぎに似た味わいの養殖なまずを使用した「近大発なまずの蒲焼き」(半身1枚、1598円)を数量限定で販売する。うなぎに比べて皮が固くなるのをオリーブオイルを使って焼くなどさまざまな工夫を凝らし、うなぎと遜色ない味に仕上げた。鹿児島県産の「トップバリュグリーンアイうなぎの蒲焼き」(2138円)など定番の商品も取りそろえ、「関連商品も含め対前年度比で20%の売り上げ増を目指す」(担当者)計画だ。

 牛丼チェーンのすき家では、夏に旬を迎える「土用しじみ」を使った「しじみ汁」とうな丼のセットを打ち出した。同社は「スタミナたっぷりのうなぎと栄養たっぷりのしじみのセットで暑い夏を乗り切ってほしい」とアピールする。

続きを読む

このニュースの写真

  • うなぎ高騰…蒲焼き味ポテチ、エキス入りスイーツ、代用なまずも 「土用の丑の日」商戦活発
  • うなぎ高騰…蒲焼き味ポテチ、エキス入りスイーツ、代用なまずも 「土用の丑の日」商戦活発

「ニュース」のランキング